株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 展示会・セミナー情報

第12回国際バイオテクノロジー展/技術会議

案件番号をクリックすると詳細資料を閲覧することができます。


案件番号 案件の特長と発明名称 発 明 者
T11-036 μオーダーで抗がん作用を有する低分子化合物
新規ホスファチジルイノシトール3キナーゼ阻害剤及び医薬組成物
西條 憲、石岡 千加史、加藤 正
T05-081 抗腫瘍効果や抗寄生虫病効果を有する新規化合物
ビス(アリールメチリデン)アセトン化合物、抗癌剤、発癌予防剤、Ki−Ras、ErbB2、c−Myc及びCyclinD1の発現抑制剤、β−カテニン分解剤並びにp53の発現増強剤
柴田 浩行、岩渕 好治、大堀 久詔、山越 博幸、角道 祐一
T10-069 肺がん細胞増殖を特異的に抑制、in vitro試験ではサブμMオーダーで効果を発揮!
抗がん作用を有するマクロライド化合物
不破 春彦、佐々木 誠、久保 裕司、鈴木 隆哉
T07-135 がん細胞の運動能・浸潤能を活性化を阻害するモノクローナル抗体
がん細胞運動およびがん細胞浸潤抑制剤
権田幸祐、樋口 秀男
T09-133 がんに対する治療効果が極めて高い医薬
新規抗体医薬
熊谷 泉、中西 猛、浅野 竜太郎、梅津 光央
T12-172 破骨細胞分化・活性化因子の遊離を抑制できる!
骨破壊疾患治療用抗体
菅崎 弘幸
T10-104 体内のケトン体の消費を促進してケトーシスを改善する!!
ケトーシス又はケトアシドーシス予防・治療剤
大河内 眞也
T10-134 肺線維症の発症・進行を抑制!!
線維症予防又は治療用医薬組成物
大河内 眞也
T10-149 オッズ比14.7、発症の遺伝因子として寄与度の高い領域を用いた診断、遺伝的リスク、発症予測!
2型糖尿病のDNAマーカー
片桐 秀樹、岡 芳知、山田 哲也、工藤 宏仁
T08-071 高血圧発症のリスクを予測でき、高血圧の発症予防や早期発見に貢献できる
高血圧発症に関する一塩基多型(SNP)マーカー及びその使用方法
今井 潤、大久保 孝義、目時 弘仁、渡邉 悠美子
T11-056 KRAS遺伝子変異のない患者群から治療効果を期待できる患者を選別できる
遺伝子発現解析による大腸がんの病型分類に基づく抗癌剤応答性及び予後の予測方法
石岡 千加史、高橋 信、井上 正広
T10-086 任意のタイミング、ほぼ100%の確率でてんかん発作を誘発
ラット脳内光誘発けいれんモデル
岩崎 真樹、大沢 伸一郎、虫明 元、八尾 寛、冨永 悌二、古澤 義人
20000720 ALSの病態や発症機構の解明、および予防/治療薬の開発に有用な病態モデルラット
ALSモデルラット
青木 正志、糸山 泰人、三好 一郎、笠井 憲雪
T12-035 長期生存可能な膵外分泌機能不全モデルラットの作製に成功!
膵外分泌機能不全モデル動物
海野 倫明、坂田 直昭、石田 晶玄、吉松 軍平
T09-167 TSLPを恒常的に産生する細胞、及びその細胞を利用したTSLP調節剤のスクリーニング方法
アレルギー誘発物質(TSLP)恒常的産生細胞および抗アレルギー剤のスクリーニング方法
平澤典保
T07-194 視覚回復や光学素子など、用途に応じて機能改善または付加された光受容体チャネル型タンパク質
改変された光受容体チャネル型ロドプシンタンパク質
八尾 寛、石塚 徹
T09-010 網膜外層の障害の治療、および神経機能解析用ツールとして有望な新規光受容体
発現効率が改善された光受容チャンネルロドプシン
冨田 浩史、菅野 江里子
T08-235 ヒト末梢肺組織より分離された間葉系幹細胞様の細胞
ヒト肺組織幹細胞の調製方法及びヒト肺胞上皮細胞への分化誘導方法
久保 裕司、藤野 直也、鈴木 隆哉、山谷 睦雄
T11-035 幹細胞の老化を抑制し、機能を維持したまま培養することができる!
幹細胞老化抑制剤
菊地 利明、兼平 雅彦、貫和 敏博
T10-051 樹状細胞を刺激せず、かつマクロファージによる貪食を回避でき、DDSやイメージング材料として利用可能
水分散性のステルスナノ粒子
阿尻 雅文、川上 和義、阿部 敬悦、高見 誠一、冨樫 貴成
T11-003 樹状細胞を刺激せず、かつマクロファージによる貪食を回避でき、DDSやイメージング材料として利用可能
免疫反応を回避するための薬剤
阿部敬悦、川上 和義、阿尻 雅文、福本 学、高見 誠一、冨樫 貴成、村垣 公英、高橋 徹
T08-214 非侵襲、不要な場合に除去が容易、さらに初期バーストがない新規DDS
持続性ドラッグデリバリーシステム
阿部 俊明、永井 展裕、梶 弘和、川島 丈明、西澤 松彦、西田幸二
T11-049 超音波照射条件で吐出量を制御でき、超音波発生位置がずれても液体噴出能力を高く維持できるポンプ
体内埋込型液体ポンプシステム
須田 信一郎、芳賀 洋一、和田 仁、松永 忠雄
T09-136 患者への負担を軽減でき、かつ手術手技の精度が向上する
低侵襲医療器具
須田 信一郎、芳賀 洋一、松永 忠雄
T08-029 従来の人工心臓よりも安全なデバイス
人工あるいは再生心筋の収縮力を増強する収縮支援装置
白石 泰之、井街 宏、山家 智之
T11-045 刺すだけで容易に設置可能で、穿刺の際の痛みが小さく、継続して生体成分を測定できる
針状デバイス、生体成分回収用デバイスおよび生体成分測定システム
芳賀 洋一、松永 忠雄、永富 良一、石井 賢治、鶴岡 典子
T12-066 目的の高分子を効率よく、生細胞内に導入することができる!
ターゲット分子細胞内導入用ペプチド
鈴木 康弘
T09-137 ラット・マウスにおいてEEGとf-MRIを同時に計測することができる
小動物用の脳波測定用システム
RIERA DIAZ JORGE JAVIER、住吉 晃、川島 隆太
T11-131 成体組織切片でカルシウムイメージングができる!
細胞内イオンイメージング法
小山内 実
T11-150 基材に物理的ダメージを与えることなく簡便・安価・短時間で任意の2次元または3次元領域を細胞パターニングできる
パターニング装置およびパターニング方法
出口 真次、松井 翼、佐藤 正明
T07-224 不溶性の凝集性組換え型ポリペプチドを巻き戻し操作中に可溶化する技術
組換え型ポリペプチドの製造方法
熊谷 泉、浅野 竜太郎、中西 猛、梅津 光央
T06-042 複数種の細胞のパターン共培養系を自在に、素早く、作成できます。
細胞のパターニング方法
安川 智之、鈴木 雅登、珠玖 仁、堀 義生、稲垣 明子、駒林 真理子、末永 智一
T08-161 新規オキサゾリジン誘導体を不斉有機分子触媒とした光学活性化合物の製造方法
新規オキサゾリジン誘導体及び新規オキサゾリジン誘導体塩、並びに該オキサゾリジン誘導体塩を不斉有機分子触媒とした光学活性化合物の製造方法
權 垠相、竹下 光弘、中野 博人
T07-223 水溶液中、無保護糖から一段階で効率的に配糖体を合成する方法
配糖体及びその製造方法
正田 晋一郎、小林 厚志、野口 真人、田中 知成、永井 光、松本 健
T06-051 無保護糖を出発原料として、水溶液中で糖鎖高分子を製造する方法
糖鎖高分子の製造方法
正田 晋一郎、小林 厚志、野口 真人、村上 隆、小山内 博紀
T12-042 一級アルコールのみならず二級アルコールも効率的に酸化できる。空気酸化反応を行うことができる。
アルコール類の酸化方法
岩渕 好治
T12-020 有毒な重金属化合物を用いることなく空気酸化反応を行うことができるアルコール酸化触媒
アルコール酸化触媒及びそれを用いたアルコール酸化方法
岩渕 好治、澁谷 正俊、長澤 翔太
T11-155 1級アルコールと2級アルコールが共存する基質の1級アルコールのみをTEMPOよりも効率的に酸化できる
アルコール酸化触媒および酸化手法
岩渕 好治、澁谷 正俊、土井 龍輔
T09-032 新規アミノアルコールを不斉有機分子触媒とした光学活性化合物の製造方法
新規アミノアルコール誘導体塩、アミノアルコール誘導体塩構造を有する不斉有機分子触媒及び該不斉有機分子触媒を用いた光学活性化合物の製造方法
權 垠相、中野 博人、竹下 光弘
T07-221 有機リチウムに匹敵するきわめて高い塩基性を示す高機能性フォスファジドP4
高熱安定性を有する機能性フォスファジド
根東 義則、中 寛史、下 哲也
T08-089 ムギを地球温暖化被害から守る! 散布するだけの植物ホルモン剤!
イネ科植物の雄性不稔を回復させる方法および雄性不稔回復剤
東谷 篤志、渡邉 正夫、阪田 忠
T11-183 乳牛の潜在性乳房炎を早期に診断することができる!
乳房炎診断法
麻生 久、北澤 春樹、渡邊 康一、大和田 修一、渡邉 一史、長澤 裕哉、染谷 俊輔、堀越 頼子
T10-105 ウォーターピックと比較してインプラントの隙間に蓄積したバイオフィルムを効率的に除去できる。臨床試験で確認済み。
口腔洗浄装置および口腔洗浄方法
祖山 均、山本 松男、滝口 尚
T11-007 臭いや発癌リスクの原因となるアルデヒドを効率よく分解できる!
アルデヒド除去組成物
山口 晴彦、細矢 美穂、中山 亨