株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 展示会・セミナー情報

第14回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議


案件番号をクリックすると詳細資料を閲覧することができます。


案件番号 案件の特長と発明名称 発 明 者
T08-214 非侵襲、不要な場合に除去が容易、さらに初期バーストがない新規DDS
持続性ドラッグデリバリーシステム
阿部 俊明、永井 展裕、梶 弘和、川島 丈明、西澤 松彦、西田幸二
T13-011 空飛ぶ絨毯のように大量の細胞を注射針を介して体内の狭小空間へ送達できる幹細胞治療支援材料
細胞移植基材(ナノカーペット)
梶 弘和、藤枝 俊宣、森 好弘、西澤 松彦、阿部 俊明、永井 展裕
T05-081 抗腫瘍効果や抗寄生虫病効果を有する新規化合物
ビス(アリールメチリデン)アセトン化合物、抗癌剤、発癌予防剤、Ki−Ras、ErbB2、c−Myc及びCyclinD1の発現抑制剤、β−カテニン分解剤並びにp53の発現増強剤
柴田 浩行、岩渕 好治、大堀 久詔、山越 博幸、角道 祐一
T12-072 アバスチンと比較した抗腫瘍効果をin vivoで確認済み
血管新生促進因子Vasohibin2を中和するモノクローナル抗体
佐藤靖史
T11-056 KRAS遺伝子変異のない患者群から治療効果を期待できる患者を選別できる
遺伝子発現解析による大腸がんの病型分類に基づく抗癌剤応答性及び予後の予測方法
石岡 千加史、高橋 信、井上 正広
T09-032 新規アミノアルコールを不斉有機分子触媒とした光学活性化合物の製造方法
新規アミノアルコール誘導体塩、アミノアルコール誘導体塩構造を有する不斉有機分子触媒及び該不斉有機分子触媒を用いた光学活性化合物の製造方法
權 垠相、中野 博人、竹下 光弘
T11-036 ナノオーダーで抗がん作用を有する低分子化合物
新規ホスファチジルイノシトール3キナーゼ阻害剤及び医薬組成物
西條 憲、石岡 千加史、加藤 正
T11-155 1級アルコールと2級アルコールが共存する基質の1級アルコールのみをTEMPOよりも効率的に酸化できる
アルコール酸化触媒および酸化手法
岩渕 好治、澁谷 正俊、土井 龍輔
T12-020 有毒な重金属化合物を用いることなく空気酸化反応を行うことができるアルコール酸化触媒
アルコール酸化触媒及びそれを用いたアルコール酸化方法
岩渕 好治、澁谷 正俊、長澤 翔太
T12-042 一級アルコールのみならず二級アルコールも効率的に酸化できる。空気酸化反応を行うことができる。
アルコール類の酸化方法
岩渕 好治
T07-211 温度によって親水性・疎水性が変化する多孔質材料が得られる
フィルム及びフィルムの製造方法
下村 政嗣、児島 美季、本吉 究、藪 浩
T13-014 安い!早い!高分解能!高感度!時間変化も計測できる!
周波数領域蛍光測定装置
和沢 鉄一、鈴木 誠
T09-137 ラット・マウスにおいてEEGとf-MRIを同時に計測することができる
小動物用の脳波測定用システム
RIERA DIAZ JORGE JAVIER、住吉 晃、川島 隆太
T12-052 加齢性難聴の発症・進行を遅延させる化合物や更なるバイオマーカーのスクリーニングが可能
加齢性難聴マーカー/加齢性難聴マーカーKOマウス
鈴木 淳、大隅 典子、高田 雄介
T10-126 耐水性、耐薬品性、導電性が付与されるため、触媒、医療材料、電気化学素子などの分野で利用できる
表面を炭素被覆されたシリカ材料の製造方法、該製造方法により製造された炭素被覆シリカ材料及びその用途
京谷 隆、干川 康人、込山 拓
T11-011 充放電サイクル性能高くかつ黒鉛電極の数倍の容量(1000〜3500mAh/g)
Siと炭素の複合材料及びその製造方法
京谷 隆、西原 洋知、岩村 振一郎
T12-019 シランカップリング剤等の修飾剤を含有しない有機無機複合粒子を容易に量産することが可能
有機無機複合粒子
有田 稔彦
T07-078 塑性加工性に優れ、冷間プレス加工など金属加工プロセスに適用可能な高延性金属ガラス合金
高延性金属ガラス合金
横山 嘉彦、井上 明久
T06-003 ガラス形成能が高く(=φ14mmも可)、高加工性、高強度(=4000MPa以上の圧縮強度)合金です。
加工性に優れる高強度Co基金属ガラス合金
井上 明久
T10-043 従来法では作製が困難な、卑金属・半金属のオープン型ナノポーラス材料が作製可能!
ナノポーラス材料
加藤 秀実、和田 武、湯葢 邦夫、井上 明久
T13-152 Cu ナノポーラス材(ポアサイズ5nm、リガメント10nm)が可能です。
多孔質金属およびその製造方法並びに電池用電極
淡 振華、秦 風香、原 信義、山浦 真一
T13-155 平均ポアサイズ10-20nm、平均リガメントサイズ20-40nmが可能です。
多孔質金属およびその製造方法
淡 振華、牧野 彰宏、原 信義
T06-024 廃液処理を不要な簡便な方法で貴金属ナノ材料を効率よく製造することが可能です。
貴金属ナノ材料の製造方法
林 大和
T13-047 低コストで、所望の金属酸化物のナノワイヤが製造可能です。
金属酸化物ナノワイヤーの製造方法
浅尾 直樹、石川 敬章、中山 幸仁、着本 享
T10-106 金属ガラスナノファイバーバルク体をcm単位で、高効率・大量生産可能です。
金属ガラスナノワイヤの製造方法、該製造方法により製造された金属ガラスナノワイヤ、及び金属ガラスナノワイヤを含む触媒
中山 幸仁、横山 嘉彦
T13-020 安価にアスペクト比の高いナノワイヤーが作製できます!
銀ナノワイヤーの製造法および導電膜の製造法
林 大和、菅原 賢太、滝澤 博胤
T05-066 効率よく、連続プロセスで、カーボンナノカプセルを作れます!
ナノカーボン材料の生成方法、生成装置、及びナノカーボン材料
柴田 悦郎、中村 崇、ルスラン セルギエンコ
T11-022 サブ波長格子を表面に形成広い波長帯域、放射角に反射防止効果
半導体発光素子及び半導体発光素子の製造方法
羽根 一博、金森 義明
T04-267 少ない薄膜の層に1回のパターニング工程で3色全てのフイルタを製作可能
カラーフィルタ装置及びその製造方法
金森 義明、羽根 一博
T09-212 @常圧焼結、A低温焼結(700℃〜900℃)が可能であり、従来より低コストで軽くて強いホウ化物が作れます。
Na―Si―B組成を有するホウ化物及びホウ化物反応焼結体
森戸 春彦、山根 久典
T09-194 細胞や組織に貼り付いて一緒に動く、柔らかくて安全な電極が実現
導電性高分子からなるパターンを備えた多孔質構造体及びその製造方法
西澤松彦、関根宗一郎、井門 裕一郎
T09-030 低コストかつ簡便に、光触媒性能と親水性に優れた二酸化チタン薄膜を作製可能
可視光応答性ルチル型二酸化チタン光触媒
正橋 直哉、水越 克彰、古原 忠、宮本 吾郎
T08-171 溶湯中に存在する数ミクロンの微細な非金属介在物を凝集させ、溶湯上部のスラグに吸収除去可能
電磁撹拌装置及び電磁撹拌方法
谷口 尚司、上野 和之、大久保 光浩、安藤 努、舞獄 孝二
T12-102 既存のダイカスト設備を活用可能!寸法精度が良好で金型寿命が向上する半凝固法です。
ダイカスト方法及びダイカスト装置ならびにダイカスト品
板村 正行、安斎 浩一
S11-001 MEMS・光導波路等の表面処理に革新形状維持しナノレベルで凹凸を無くします!
Si微細表面加工
金森義明
T05-245 広範囲の入射角に対応可能、薄型、低コストの太陽光集光器です!!
太陽光集光器とこれを用いた太陽電池および太陽集熱器
山田昇(長岡技術科学大学)、金森 義明(東北大学)
T11-030 安価な有機活物質(正極)を使用し、メタルフリーで、サイクル特性改善に成功!!
全固体型リチウム二次電池
羽生 雄毅、本間 格
T13-101 微小な振動で発電が“効率的に“可能です。
発電装置及び方法並びに電子機器
山浦 真一、中嶋 宇史、佐々木 敏夫
T08-080 フェライト磁石を用いながらも、希土類磁石並みの発電出力と効率を実現。安価な発電機が実現できます
発電装置
中村 健二、一ノ倉 理
S13-012 電池の中での反応物質の動きが予測できる!
電池内物質移動の分子シミュレーション
徳増崇
T04-276 波長可変レーザ装置の大幅なコストダウン、小型化が可能
サブ波長周期格子を用いたレーザ装置
羽根 一博、金森 義明
T05-286 数GHzのマイクロ波を用いたガスタービン火力用セラミック遮熱コーティングの劣化評価
経年劣化した熱遮へいコーティングの非接触非破壊検査手法
小川 和洋、三浦 英生、庄子 哲雄、鈴木 美紀子
T13-185 あれ?不思議??歩くのが速くなるぞ!
歩行促進装置
半田 康延
T09-136 患者への負担を軽減でき、かつ手術手技の精度が向上する
低侵襲医療器具
須田 信一郎、芳賀 洋一、松永 忠雄
T10-105 ウォーターピックと比較してインプラントの隙間に蓄積したバイオフィルムを効率的に除去できる。臨床試験で確認済み。
口腔洗浄装置および口腔洗浄方法
祖山 均、山本 松男、滝口 尚
T06-011 効率的、安定的、大量に、微細かつ均一な粒径の固体窒素粒子を容易に生成可能
極低温マイクロスラッシュ生成システム
石本 淳
T10-015 搬送ガスを使用しないで、簡便な構造にて、サブミクロン粒子の搬送/浄化が可能です。
微粒子搬送装置及びこの装置を用いた微粒子の浄化方法
高奈 秀匡、篠原 圭介、西山 秀哉
T05-300 簡略なシステムにて、振動を完全に排除可能です。
免振装置
津田 理、濱島 高太郎、谷貝 剛