株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 展示会・セミナー情報

BioJapan2010

案件番号をクリックすると詳細資料を閲覧することができます。


案件番号 案件の特長と発明名称 発 明 者
20000720 ALSの病態や発症機構の解明、および予防/治療薬の開発に有用な病態モデルラット
ALSモデルラット
青木 正志、糸山 泰人、三好 一郎、笠井 憲雪
T07-194 視覚回復や光学素子など、用途に応じて機能改善または付加された光受容体チャネル型タンパク質
改変された光受容体チャネル型ロドプシンタンパク質
八尾 寛、石塚 徹
T08-071 高血圧発症のリスクを予測でき、高血圧の発症予防や早期発見に貢献できる
高血圧発症に関する一塩基多型(SNP)マーカー及びその使用方法
今井 潤、大久保 孝義、目時 弘仁、渡邉 悠美子
T09-010 網膜外層の障害の治療、および神経機能解析用ツールとして有望な新規光受容体
発現効率が改善された光受容チャンネルロドプシン
冨田 浩史、菅野 江里子
T04-093 アミロイドβ蛋白の凝集抑制剤、凝集アミロイドβ蛋白の分解剤、抗痴呆薬および抗痴呆性食品 荒井 啓行、岩崎 鋼、藤原 博典、工藤 幸司
T06-051 無保護糖を出発原料として、水溶液中で糖鎖高分子を製造する方法
糖鎖高分子の製造方法
正田 晋一郎、小林 厚志、野口 真人、村上 隆、小山内 博紀
T06-183 カルパイン-2の発現を選択的に抑制し、神経筋疾患等の医薬組成物として応用可能
カルパイン遺伝子をノックダウンする核酸
豊岡 照彦
T07-135 がん細胞の運動能・浸潤能を活性化を阻害するモノクローナル抗体
がん細胞運動およびがん細胞浸潤抑制剤
権田幸祐、樋口 秀男
T07-174 両親のすぐれた形質を併せ持ち、かつ雑種強勢を示すハイブリッドイネ品種を作出できる技術
イネCW型雄性不稔細胞質に対する稔性回復遺伝子
鳥山 欽哉、藤井 壮太
T07-194 視覚回復や光学素子など、用途に応じて機能改善または付加された光受容体チャネル型タンパク質
改変された光受容体チャネル型ロドプシンタンパク質
八尾 寛、石塚 徹
T07-221 有機リチウムに匹敵するきわめて高い塩基性を示す高機能性フォスファジドP4
高熱安定性を有する機能性フォスファジド
根東 義則、中 寛史、下 哲也
T07-223 水溶液中、無保護糖から一段階で効率的に配糖体を合成する方法
配糖体及びその製造方法
正田 晋一郎、小林 厚志、野口 真人、田中 知成、永井 光、松本 健
T07-224 不溶性の凝集性組換え型ポリペプチドを巻き戻し操作中に可溶化する技術
組換え型ポリペプチドの製造方法
熊谷 泉、浅野 竜太郎、中西 猛、梅津 光央
T08-089 ムギを地球温暖化被害から守る! 散布するだけの植物ホルモン剤!
イネ科植物の雄性不稔を回復させる方法および雄性不稔回復剤
東谷 篤志、渡邉 正夫、阪田 忠
T08-161 新規オキサゾリジン誘導体を不斉有機分子触媒とした光学活性化合物の製造方法
新規オキサゾリジン誘導体及び新規オキサゾリジン誘導体塩、並びに該オキサゾリジン誘導体塩を不斉有機分子触媒とした光学活性化合物の製造方法
權 垠相、竹下 光弘、中野 博人
T08-226 抗生物質や医薬中間体として有用な化合物を簡便かつ高効率で合成できる
新規β-ラクタム合成法
中村 達、寺田 眞浩、新木 利治
T09-010 網膜外層の障害の治療、および神経機能解析用ツールとして有望な新規光受容体
発現効率が改善された光受容チャンネルロドプシン
冨田 浩史、菅野 江里子
T09-032 新規アミノアルコールを不斉有機分子触媒とした光学活性化合物の製造方法
新規アミノアルコール誘導体塩、アミノアルコール誘導体塩構造を有する不斉有機分子触媒及び該不斉有機分子触媒を用いた光学活性化合物の製造方法
權 垠相、中野 博人、竹下 光弘
T09-078 夜間に混合光を照射することで、長日植物の開花率を劇的に改善させる方法及び装置
混合光の照射による植物の栽培方法
金濱 耕基、金山 喜則
T09-113 ヒトから採取した子宮筋腫組織を、長期に安定して生着させることが可能なモデル動物
ヒト子宮筋腫モデル動物の作製方法
武田 卓、築地 謙治、八重樫 伸生
T09-167 TSLPを恒常的に産生する細胞、及びその細胞を利用したTSLP調節剤のスクリーニング方法
アレルギー誘発物質(TSLP)恒常的産生細胞および抗アレルギー剤のスクリーニング方法
平澤典保