株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 展示会・セミナー情報

BioJapan2014 World Business Forum

案件番号をクリックすると詳細資料を閲覧することができます。


案件番号 案件の特長と発明名称 発 明 者
T12-052 加齢性難聴の発症・進行を遅延させる化合物や更なるバイオマーカーのスクリーニングが可能
加齢性難聴マーカー/加齢性難聴マーカーKOマウス
鈴木 淳、大隅 典子、高田 雄介
T12-035 長期生存可能な膵外分泌機能不全モデルラットの作製に成功!
膵外分泌機能不全モデル動物
海野 倫明、坂田 直昭、石田 晶玄、吉松 軍平
T07-194 視覚回復や光学素子など、用途に応じて機能改善または付加された光受容体チャネル型タンパク質
改変された光受容体チャネル型ロドプシンタンパク質
八尾 寛、石塚 徹
T13-011 空飛ぶ絨毯のように大量の細胞を注射針を介して体内の狭小空間へ送達できる幹細胞治療支援材料
細胞移植基材(ナノカーペット)
梶 弘和、藤枝 俊宣、森 好弘、西澤 松彦、阿部 俊明、永井 展裕
T08-214 非侵襲、不要な場合に除去が容易、さらに初期バーストがない新規DDS
持続性ドラッグデリバリーシステム
阿部 俊明、永井 展裕、梶 弘和、川島 丈明、西澤 松彦、西田幸二
T10-051 樹状細胞を刺激せず、かつマクロファージによる貪食を回避でき、DDSやイメージング材料として利用可能
水分散性のステルスナノ粒子
阿尻 雅文、川上 和義、阿部 敬悦、高見 誠一、冨樫 貴成
T11-003 樹状細胞を刺激せず、かつマクロファージによる貪食を回避でき、DDSやイメージング材料として利用可能
免疫反応を回避するための薬剤
阿部敬悦、川上 和義、阿尻 雅文、福本 学、高見 誠一、冨樫 貴成、村垣 公英、高橋 徹
T13-196 早期にがん細胞のリンパ節転移リスクを評価することができる。
リンパ節転移リスク評価方法
森 士朗、小玉 哲也
T13-185 あれ?不思議??歩くのが速くなるぞ!
歩行促進装置
半田 康延
T13-053 生体に影響を与えない条件下で柔軟かつ屈曲角度が大きい細径化内視鏡を安価に提供できる
形状記憶合金ワイヤを用いた屈曲機構
小林 拓生、芳賀 洋一、松永 忠雄
T09-136 患者への負担を軽減でき、かつ手術手技の精度が向上する
低侵襲医療器具
須田 信一郎、芳賀 洋一、松永 忠雄
T12-021 実質臓器深部へも薬剤を効率よく分布させることができる!
超音波併用薬剤送達システム
冨永悌二、芳賀洋一、齋藤竜太、松永忠雄、園田順彦
T11-049 超音波照射条件で吐出量を制御でき、超音波発生位置がずれても液体噴出能力を高く維持できるポンプ
体内埋込型液体ポンプシステム
須田 信一郎、芳賀 洋一、和田 仁、松永 忠雄
T11-045 刺すだけで容易に設置可能で、穿刺の際の痛みが小さく、継続して生体成分を測定できる
針状デバイス、生体成分回収用デバイスおよび生体成分測定システム
芳賀 洋一、松永 忠雄、永富 良一、石井 賢治、鶴岡 典子
T09-194 細胞や組織に貼り付いて一緒に動く、柔らかくて安全な電極が実現
導電性高分子からなるパターンを備えた多孔質構造体及びその製造方法
西澤松彦、関根宗一郎、井門 裕一郎
T11-032 注射針程度の大きさ(直径0.55mm)!注目の冷凍手術装置!シミ、シワ、ほくろ除去にも適用可能!極細だから傷も目立たない!
凍結手術装置およびその温度制御方法
岡島 淳之介、圓山 重直
T09-137 ラット・マウスにおいてEEGとf-MRIを同時に計測することができる
小動物用の脳波測定用システム
RIERA DIAZ JORGE JAVIER、住吉 晃、川島 隆太
T11-131 成体組織切片にイメージング用色素を導入できる!
イオンイメージング
小山内 実
T13-014 安い!早い!高分解能!高感度!時間変化も計測できる!
周波数領域蛍光測定装置
和沢 鉄一、鈴木 誠
T12-042 一級アルコールのみならず二級アルコールも効率的に酸化できる。空気酸化反応を行うことができる。
アルコール類の酸化方法
岩渕 好治
T12-020 有毒な重金属化合物を用いることなく空気酸化反応を行うことができるアルコール酸化触媒
アルコール酸化触媒及びそれを用いたアルコール酸化方法
岩渕 好治、澁谷 正俊、長澤 翔太
T11-155 1級アルコールと2級アルコールが共存する基質の1級アルコールのみをTEMPOよりも効率的に酸化できる
アルコール酸化触媒および酸化手法
岩渕 好治、澁谷 正俊、土井 龍輔
T07-223 水溶液中、無保護糖から一段階で効率的に配糖体を合成する方法
配糖体及びその製造方法
正田 晋一郎、小林 厚志、野口 真人、田中 知成、永井 光、松本 健
T08-089 ムギを地球温暖化被害から守る! 散布するだけの植物ホルモン剤!
イネ科植物の雄性不稔を回復させる方法および雄性不稔回復剤
東谷 篤志、渡邉 正夫、阪田 忠
T12-066 目的の高分子を効率よく、生細胞内に導入することができる!
ターゲット分子細胞内導入用ペプチド
鈴木 康弘
T11-007 臭いや発癌リスクの原因となるアルデヒドを効率よく分解できる!
アルデヒド除去組成物
山口 晴彦、細矢 美穂、中山 亨
T07-224 不溶性の凝集性組換え型ポリペプチドを巻き戻し操作中に可溶化する技術
組換え型ポリペプチドの製造方法
熊谷 泉、浅野 竜太郎、中西 猛、梅津 光央