株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 発明の製品化事例

発明から生まれた製品・サービスの事例

溶融亜鉛めっき/塗膜の劣化度診断高度画像解析

 

 山田大彦 元東北大学教授、藤本勝成 福島大学准教授、株式会社デンロコーポレーション様は、共同で研究開発を重ねて、溶融亜鉛めっき及び塗膜の劣化度診断に係る発明等を成し、株式会社デンロコーポレーション様と当社は、当該発明等について共同出願等を行いました。
 当該発明等は、高い精度で定量的に溶融亜鉛めっきや塗膜の劣化度を判定することが可能である事、調査対象物は鋼構造物の外面だけでなく、目視では判断付きにくい鋼管内面も可能である事が特徴であり、“溶融亜鉛めっきや塗膜が施された鉄塔などの鋼構造物の劣化調査を行う受託サービス”として株式会社デンロコーポレーション様において事業化されております。

 

受託サービスの詳細情報は、株式会社デンロコーポレーション様の専用ホームページを是非ご覧下さい

 

溶融亜鉛めっき/塗膜の劣化度診断高度画像解析