株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 発明の製品化事例

発明から生まれた製品・サービスの事例

クリーンカットクロム快削鋼「CCC鋼」

 

 東北大学大学院工学研究科石田清仁教授らは、(独)産業技術総合研究所様およびJFE条鋼株式会社様(以下、JFE条鋼)との共同研究により、硫黄等の被削性向上元素を含有する低炭素の硫黄複合快削鋼を開発しました。この成果を基に、JFE条鋼からクリーンカットクロム快削鋼「CCC鋼(規格符号:CC12C14)」が製品化されました。
 CCC鋼は従来の鉛快削鋼と同等の被削性を有しつつ、環境負荷物質として使用が廃止/制限される鉛を含有しないことが特徴です。今後、自動車部品やOA機器など、様々な用途に用いられることが期待されます。
 製品の詳細及びお問い合わせは、JFE条鋼のホームページをご覧ください。

 
CCC鋼1
CCC鋼2


CCC鋼を用いて作成した自動車部品(左)およびプリンターシャフト(右)

※「CCC」は、JFE条鋼株式会社の登録商標です。