株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 発明の製品化事例

発明から生まれた製品・サービスの事例

高温高圧反応用の「リアクター」と「振盪式加熱撹拌装置」

 

 東北大学原子分子材料科学高等研究機構(WPI)の阿尻雅文教授のノウハウの提供と指導により、高温高圧装置の専門メーカーである株式会社AKICO様(以下、AKICO)は、高温高圧の反応場容器「リアクター」と、加熱振盪撹拌による反応実験装置である「振盪式加熱撹拌装置」を開発し、商品化しました。「振盪式加熱撹拌装置」は「リアクター」を4台から6台同時に加熱撹拌することが可能で、「リアクター」は垂直設置から水平設置まで自由に角度調整できるほか、撹拌速度も調整可能です。
 本製品に関する詳細およびお問い合わせは、AKICOのホームページをご覧ください。

 


リアクター


振盪式加熱攪拌装置