株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 発明の製品化事例

発明から生まれた製品・サービスの事例

DAP12/DAP10 ダブルノックアウトマウス

 

 東北大学加齢医学研究所の高井俊行教授らは、破骨細胞の分化に重要な役割を果たす分子DAP12及びDAP10をコードする遺伝子を2重欠損(ダブルノックアウト)したマウス(以下、本マウス)の作出に成功しました。本マウスは破骨細胞分化に限らず、骨免疫ならびに自然免疫の分子機構を解明する研究に利用され、発展的知見の取得に有用なマウスと期待されます。
 本マウスの作出に関する技術は、(株)オリエンタルバイオサービス様に移転され、事業化されています。
詳細及びお問い合わせは、こちらをご覧ください。  

 

ダブルノックアウトマウス