株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 発明の製品化事例

発明から生まれた製品・サービスの事例

クルクミン類縁体「GO-Y030」「GO-Y078」

 

 東北大学大学院医学系研究科柴田浩行准教授(現・秋田大学医学部教授)、同大学薬学研究科岩渕好治教授らは、新規抗がん剤の開発に関する研究成果として100種類以上のクルクミン類縁体を化学合成し、 それらの中からクルクミンを凌駕する抗腫瘍効果を示すクルクミン類縁体「GO-Y030」 「GO-Y078」等を複数見出しました。
 現在、これら化合物に関する特許は日本カーバイド工業株式会社様にライセンスされ、研究用試薬として商品化されました(東京化成工業様でも購入可能です。詳細は上記リンク先よりご覧ください)。  

 

クルクミン類縁体GO-Y030


GO-Y030

クルクミン類縁体GO-Y078

GO-Y078