株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 発明の製品化事例

発明から生まれた製品・サービスの事例

2軸電磁攪拌技術

 

東北大学大学院環境科学研究科谷口尚司教授らの成果に関わる2軸電磁攪拌に関する特許権等を、株式会社ナノキャスト様にライセンスを行いました。 本件は、従来技術の1軸撹拌よりもさらに強力多様な撹拌が可能な電磁撹拌技術であり、ナノキャスト法*1(半凝固ダイカスト法)の半凝固スラリー成形工程で優れた撹拌技術として活用されています。


※1 ナノキャスト法:「ナノキャスト法」は金属の半凝固スラリー生成技術で、韓国・延世大学が開発したものです。従来法に比べ、非常に短時間に、組織がより微細なダイカスト用半凝固スラリーを生成できる画期的な技術です。特徴として、溶湯ダイカスト法に比べて低温鋳込みであり金型寿命が延びる点、鋳巣・凝固収縮に伴う引け巣・偏析が非常に少ない点、等が挙げられます。 ナノキャスト法の詳細情報は、専用ホームページをぜひご覧下さい。

 

2軸電磁攪拌技術

 



2軸電磁攪拌技術

2軸電磁攪拌技術
アルミニウム合金スラリーのカットサンプル写真です。スラリー全体が組成均質に出来ており、中心部外周部の差異が無く切り出されているのが見られます。