株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 発明の製品化事例

発明から生まれた製品・サービスの事例

ナノポーラス構造金属薄膜

 

 東北大学原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)の陳明偉教授、藤田武志准教授の研究成果を活用して、
アンヴァール株式会社様より「ナノポーラス構造金属薄膜」の販売が開始されました。

本製品は、任意に金属の比率を変化させた合金から腐食条件を調整した脱合金化過程を経ることで細孔サイズを調整し、狙いどおりの細孔を持つ薄膜としたものです。  
(商品の詳細についてはこちらをご覧ください)  

 金、ニッケル、銅などの素材で製造が可能で、電極や触媒としての活用が期待されています。
 

 

ナノポーラス構造金属薄膜

ナノポーラス構造金属薄膜