株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 発明の製品化事例

発明から生まれた製品・サービスの事例

TMR素子を用いた高感度磁気センサー

 

 東北大学大学院工学研究科の安藤康夫教授らにより研究・開発した金属系材料ベースの強磁性磁気抵抗素子に関する特許について、株式会社ラディックス様へライセンスを行い、株式会社ラディックス様より、本特許を用いて脈波や脳などからの生体磁場を検出するヘルスケア機器(医療機器を除く)や産業機器向けの高感度センサーデバイス製品の販売が開始されました。
 本製品に関するお問い合わせは、株式会社ラディックス様のホームページからお願い致します。  

 

TMR素子を用いた高感度磁気センサー

TMR素子を用いた高感度磁気センサー