株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 発明の製品化事例

発明から生まれた製品・サービスの事例

閉じたき裂測定器「MultiX-SPACE®」

 

 東北大学 工学研究科 山中一司教授、小原良和助教らの研究成果をインサイト株式会社様にライセンスし、非線形き裂計測システムであるMultiX-SPACEが商品化されました。
 本製品は、M2M社様のMultiX-LFをベースに超音波フェーズドアレイ技術を使用し、サブハーモニック(分調波)解析手法を用いて、従来検出が難しかった閉じたき裂の位置と深さを測定可能な事が特長です。この技術により事故が起こる原因となっているが検出が難しい“閉じたき裂“を測定できることが可能であり、原子力、配管検査の観点から大きな注目を浴びております。
 お問い合せは、こちらまでお願い致します。

 

Multix-SPACE