株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 発明の製品化事例

発明から生まれた製品・サービスの事例

インタラクティブで柔軟なディジタル写真群の動的表示技術

 

 東北大学電気通信研究所の北村喜文教授は、インタラクティブで柔軟なディジタル画像の表示方法として、多数の写真を1枚の画面上に同時に表示する際、個々の写真に「大きくなること」と同時に「重ならない」等の要求事項を動機づけることにより、自律的に動きのある画面で見せる技術(D-FLIP:Dynamic & Flexible Interactive Photo Viewer)を開発しました。本技術は、利用者の操作とそれによる写真の動きの柔軟性とインタラクティブ性に特長があります。 詳細は、東北大学電気通信研究所北村研究室のホームページを参照願います。
 本技術は株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ様(以下、富士通SSL)に技術移転され、富士通SSL様にて、「WebコアInnovation Suite」として商品化されました。
 詳細情報およびお問い合わせ先については、富士通SSL様のホームページをご覧ください。

 

WebコアInnovation Suite