株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 発明の製品化事例

発明から生まれた製品・サービスの事例

免疫抑制剤(PQA-18)

 

 東北大学薬学研究科・大島吉輝教授ら及び福島県立医科大学医学部・本間好教授らは、新たな免疫抑制剤として「PQA-18」を開発しました。PQA-18は、IL-2、IL-4、IL-6、TNF-αの産生に関与するp21-activated kinase2(PAK2)を強力に抑制します。
 本化合物に関する特許は、フナコシ株式会社様にライセンスされ、商品化されました。(特願2014-542136)
 本商品の詳細情報及びお問い合わせは、フナコシ株式会社様のホームページをご覧ください。  

 

PQA-18