株式会社 東北テクノアーチ TOHOKU TECHNO ARCH

ホーム > 特許等情報 > 発明の製品化事例

発明から生まれた製品・サービスの事例

超高感度交流ガウスメーター

 

 東北大学電気通信研究所石山教授、宮城県産業技術総合センター様及びジーエヌエス有限会社(本社:宮城県名取市)様は、3機関の共同研究開発の成果として、化学薬品、医薬品、食品等の原材料をセンサーにより非接触でセンシングし、混入している微小な磁性粉を検知可能な超高感度交流ガウスメーターを開発いたしました。本装置は、非接触測定であり、測定範囲は1mの幅広にも対応可能、測定スピード100m/分でも性能劣化無しで目視不可能な微細なSUS、Fe粉(10ミクロン磁性粉)、銅線(30ミクロン)、等を検知可能です。
 本製品の詳細及びお問い合わせは、ジーエヌエス有限会社様のホームページからお願い致します。